筋肉を分解・退化へと導いてしまう主な原因とは


どんなに精力的にトレーニングを行い、プロテインをがぶ飲みして筋肉を付けようとも、思うように筋肉の成長が得られないことがある。

これの原因は他でもない、筋肉が分解・退化してしまっているからだ。そんな筋肉の成長を著しく妨げる、筋肉の分解・退化の主な原因について紹介したいと思う。

筋肉を分解・退化へと導く3つの原因

筋肉を分解・退化へと導く主な原因として有名なのが以下の3点だ。筋肉の成長が上手く望めない方は、以下のいずれかの原因に心当たりはないだろうか。

空腹や食事制限

わたしたちが長時間食事を抜くと、身体の主要エネルギー「グリコーゲン」が枯渇する。すると身体は生命活動を維持するため、脂肪や筋肉を分解しグリコーゲンを生成するよう機能する。

そう、つまり長期間の空腹や無茶な食事制限は、筋肉をみるみる分解・退化させてしまうというわけだ。

過剰な有酸素運動

有酸素運動時に使用する身体のエネルギー源はもちろん「グリコーゲン」。先ほどと同様で、有酸素運動時にグリコーゲンが枯渇することで、脂肪や筋肉が分解されてしまうのだ。

ウォーミングアップには必須となる有酸素運動ではあるが、これが過剰となると筋肉の分解・退化の原因となってしまうので注意が必要だ。

過剰なアルコール

お酒を飲むと身体のアルコール代謝の際に、アミノ酸や各種ビタミンミネラル等、ありとあらゆる栄養素が失われてしまう。

更に身体で筋肉を分解させてしまうストレスホルモン「コルチゾール」が生成されるので、アルコールを飲みすぎるとみるみる筋肉が分解・退化してしまうというわけだ。

筋肉を分解から守るのもボディメイキング

筋肉を成長させること、つまりボディメイキングを、単に筋肉を付けることと捕らえている人もいるが、筋肉を分解から守ることも含めてのボディメイキングなのだ。

精力的にトレーニングを行っているのになかなか筋肉の成長が望めないという方は、筋肉を分解から守るということにも一度目を向けて見た方がいいだろう。