必ずしも筋肉痛が伴わないと筋肉は成長しないのか


精力的に筋力トレーニングを行っていると筋肉痛を伴うことが多いが、逆に筋肉痛がないときはトレーニング不足で筋肉が成長しないのではないかと不安に思うこともあるだろう。

筋肉痛が伴わないとトレーニング不足なのか、筋肉は成長しないのか、これについて今回は紹介したいと思う。

筋肉痛には耐性がつく

筋肉痛の確固なメカニズムは未だ明らかにされていないのが現状だが、継続的にトレーニングを行うことで、筋肉は筋肉痛に対して耐性がついていくことは分かっている。

わかりやすく言えば、筋トレを繰り返していれば次第に筋肉痛が感じづらくなっていくということ。

いつも通りのトレーニングでは筋肉痛が出にくく、日頃行っていない高負荷でのトレーニングでは筋肉痛が出やすいのはこのためだ。

筋肉痛が出なくても筋肉は成長する

耐性がつくことで筋肉痛が出ないこともあるが、必ずしもトレーニング不足、筋肉が成長しないということではないので心配の必要はない。筋肉痛がなくとも筋肉は成長する。

ただ現状の肉体にそぐわぬ低強度でのトレーニングを行っていては話は別だ。筋肉成長に筋肉痛は必須ではないが、それ相応の強度のトレーニングは必須であることを忘れないでおこう。