糖質不足があなたのバルクアップを妨げている


よくボディメイクに勤しんでいながらも、太りたくないといった理由から糖質制限を行っている人がいる。でもその糖質制限があなたのバルクアップを妨げているということをご存知だろうか?

筋肉を鍛える過程で、糖質制限といった行いで糖質を不足させるべきではない理由について今回は紹介したいと思う。

糖質がパンプアップを実現する

わたしたちが摂取した糖質はグリコーゲンとなり筋肉へ貯蔵される。このグリコーゲンが貯蔵されたとき、わたしたちは筋肉のパンプアップ(筋肉がふくれること)が得られる。

逆にグリコーゲンが枯渇しているときは筋肉がしぼんで見えてしまう。こういった理由から、コンテスト前のボディビルダーはカーボローディングと言われる、糖質を大量に摂取する行為を行うことで知られている。

糖質がトレーニングの成果を高める

糖質から得られるグリコーゲンは筋肉がパワーを発揮する際に使用される。ここでグリコーゲンが不足していれば、ろくに力が入らないガス欠状態となってしまう。

筋トレは普段使わないレベルで筋肉を追い込むことで大きな成果が得られるもの。つまり筋トレの成果を高めるには糖質が絶対に欠かせないということだ。

糖質不足が筋肉を分解へと追い込む

なお糖質が不足した状態が続くと、身体は筋肉を分解し、糖へと変換させ、代替エネルギーを得ようとする。つまり糖質不足が筋肉を分解へと追い込むということだ。

糖質不足は筋肉をしぼませ、ろくなトレーニングが行えなくさせ、筋肉を分解へ追い込むなど、何ひとつ良いことのないものだ。あなたが筋肉を成長させたいと願うのなら、糖質は絶対に欠かさないよう注意を配るべきだ。