食べても太りにくい炭水化物「オートミール」とは


バルクアップやパンプアップには欠かせない炭水化物。欠かすことのできない栄養であるとはいえ、ちょっとでも摂りすぎれば脂肪の蓄積の原因となるやっかいな栄養素でもある。

そんな太りやすい栄養素とされる炭水化物の中にも、太りにくい食材というものがある。それが「オートミール」だ。炭水化物であるのに太りにくい食品「オートミール」について紹介しよう。

オートミールが太りにくいと言われている2つの理由

オートミールとはずばりオーツ麦を乾燥・プレスさせたシリアルのことで、海外の国民的な朝食とされるものだ。近頃ではやっと日本でも人気が広まりつつあるが、未だ店頭にはあまり陳列されていないのが現状。

炭水化物の中でもダントツで太りにくいとされているオートミール。オートミールが太りにくいと言われる理由としては以下の2点が挙げられる。

低GIで吸収が穏やか

白米といった炭水化物が太るといわれている所以は、その高いGI値にある。GI値とは吸収の良さを示した指標で、この数値が高いほど吸収が良く、同時に脂肪として蓄積されやすい傾向にある。

ちなみに白米のGI値は81で非常に高いのが特徴。それに対してオートミールはGI値55という驚異的な数値の低さから、太りにくい炭水化物であるといわれているのだ。

穀類の中でもダントツのカロリーの低さ

過剰なカロリーが太る原因とされているのはみなさんご存知の通り。しかしオートミールは穀類の中でもダントツでカロリーが低いことでも知られているのだ。

ちなみにオートミール1食分のカロリーは白米1食分のカロリーの約半分だ。いかにオートミールが太りにくい炭水化物であるかがおわかりいただけただろう。

オートミールは減量期にもおすすめ

ある程度の筋肉を蓄え、脂肪を落とすことに専念する減量期では、いかに太らずして筋肉を落とさない食事内容が重要となるが、こんなときこそオートミールがおすすめだ。

オートミールなら脂肪として蓄積されにくく、腹持ちも良いため筋肉が分解されるリスクも低くなる。事実プロのアスリートやボディビルダーも減量期にオートミールを食していることが多い。

太らずして炭水化物を補給したい方はオートミールを活用してみてはいかがだろうか。

オートミールの店頭での取り扱いは少ない

海外では当たり前のように店頭で市販されているオートミールではあるが、未だ日本では店頭でのオートミールの取り扱いが少ないのが現状だ。

もしお近くの店頭で販売されていない時や、探すのが面倒だというときはネット通販を利用するといいだろう。






クエーカー オートミール

世界中で定番の人気NO.1オートミール。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なバランス栄養朝食です。少量と大容量のラインナップあり。

フレイバー: プレーン


Amazonで購入する:
プレーン510g¥864
商品詳細

プレーン4.52kg
(2.26kg×2袋入)
¥2,688
商品詳細