おおまかに3種類に分類されるプロテインの各特徴


市販のプロテインはおおまかに3種類に分類される。それぞれ長所や短所をもっており、各々の目的によって使い分ける必要がある。

プロテインの違いが良く分からない方のために、プロテインの各種類や特徴について紹介するとしよう。

3種のプロテインの違いや特徴

プロテインの種類をおおまかに分けると「ホエイ」「カゼイン」「ソイ」の3つに分類される。各特徴や違いについては以下のとおりだ。

ホエイプロテイン

プロテインの代名詞かつ定番とされる「ホエイプロテイン」。3種の中でも特に吸収スピードに優れ、最も筋肉の成長に適しているとされている。

わたしたちが店頭でよく見かけるプロテインは大抵がこのホエイプロテインだ。筋肉を付けたい、デカくなりたい、という方におすすめ。

ソイプロテイン

名前通り大豆を原料に作られる「ソイプロテイン」。ホエイとは違い、吸収スピードが穏やかで腹持ちが良い特徴がある。

吸収が穏やかなため脂肪として蓄積されにくく、脂肪燃焼効果が期待できる含有成分イソフラボンが含まれていることから、ダイエットにも効果的だとされている。

カゼインプロテイン

ホエイと同じく牛乳を原料とする「カゼインプロテイン」。ソイと同じく吸収スピードが穏やかで腹持ちが良い特徴がある。

ただ、似た特徴をもつソイの方が人気なため、カゼイン単体で市販されている商品は非常に少ない。一方でホエイにカゼインを混ぜた混合プロテインなるものも販売されているようだ。

メジャーなのは「ホエイ」と「ソイ」の2種

紹介した通り、プロテイン市場でメジャーとされているのは「ホエイ」と「ソイ」の2種類となっている。筋肉を付けたい、デカくなりたいならホエイ、身体を引き締めたい、ダイエットしたいなら「ソイ」がおすすめだ。

各プロテインの特徴や違いについてわかったところで早速自分に合ったプロテインを探してみてはどうだろうか。