プロテインを飲みすぎている人に起こる2つの体調変化


筋肉の効率的な成長にはプロテインを飲んだほうが良いというのは間違いではない。しかし、だからといって飲みすぎれば良いわけでもない。

プロテインを飲みすぎている人に起こる2つの体調変化について紹介するので、プロテインを毎日ガブガブ飲んでいる方は心当たりがないかチェックしてみよう。

1. 不自然に太り始める

プロテインはいわばたんぱく質のカタマリだ。人が摂取した余剰なたんぱく質は、脂肪となって身体に蓄積される。

つまりプロテインは飲みすぎると太ってしまうということ。大量のプロテインを飲み始めて急に太り始めたという方は、これによる可能性が高い。

2. 内臓が痛む

たんぱく質は各種栄養素の中でも、特に消化しにくい栄養素であることで有名だ。そのたんぱく質をプロテインから大量に摂取するとどうなるか。

肝臓や腎臓といった消化器官に多大な負担を強いることとなるので、そのうち内臓に痛みを生じることがある。

肝臓や腎臓が疲弊すると身体のダルさを伴うことが多いので、疲れてもないのに不自然なダルさを感じるという方はこれによる可能性が高い。

プロテインの過剰摂取には注意

プロテインはあくまでたんぱく質を補うためのサプリメントだ。ろくな食事も摂らず全部プロテインで賄おうとすると過剰摂取となる可能性が高いので注意が必要だ。

一般的に筋肉の成長を望む人に最適なたんぱく質量は体重1kgにつき1~2gと言われている。食事でこれに満たない分をプロテインから摂取するというのがプロテインの正しい活用法だ。

くれぐれもプロテインの過剰摂取には注意しておきたいところだ。