自宅で行える胸筋を鍛える筋力トレーニングメニュー


胸筋は見た目にダイレクトに映える筋肉部位のひとつ。入念に鍛えておけば厚い胸板を手に入れることができるだろう。そんな胸筋でも自宅で行える筋トレメニューである程度は鍛えることが可能だ。

自宅で行える胸筋を鍛える筋トレメニューについて紹介するので、胸筋を鍛えようと思っている方は参考にしてみてはいかがだろうか。

「プッシュアップ」

胸筋を鍛える筋力トレーニングの定番プッシュアップ。
プッシュアップとは、いわゆる腕立て運動のことを指します。プッシュアップは胸と肩の筋肉を同時に鍛えることができます。

  1. うつ伏せになる
  2. 両手の間隔を肩幅より少し広めにとる
  3. 腕ではなく胸に力を入れる感覚で上体を起こす
  4. 上体を地面に付けずに繰り返す

※腕を開かないよう注意しよう

「ダンベルフライ」

胸筋を鍛える筋力トレーニングの1つダンベルフライ。
ダンベルフライは集中的に大胸筋を鍛えることのできるトレーニング種目で、名前の通りダンベルが必要となります。ダンベルを持った腕を開いて持ち上げる動作を行います。トレーニングベンチがあるとより効果的に行えます。

  1. 仰向けになり両手にダンベルを縦になるよう持つ
  2. 腕を開きひじを曲げダンベルが上に向いた状態にする
  3. 胸に力を入れる感覚でダンベルを肩の真上に持ち上げる
  4. 上げる下げるを繰り返す

※常に肩甲骨を内側に寄せるよう意識しよう

「ダンベルプレス」

胸筋を鍛える筋力トレーニングの1つダンベルプレス。 ダンベルプレスはベンチプレスをダンベルを使用して行うトレーニングメニュー。胸と肩の筋肉を同時に鍛えることができます。ダンベルを真上に持ち上げる動作を行います。

  1. 仰向けになり両手にダンベルを横になるよう持つ
  2. 腕を開きひじを曲げダンベルが上に向いた状態にする
  3. 胸に力を入れる感覚でダンベルを肩の真上に持ち上げる
  4. 上げる下げるを繰り返す

※常に肩甲骨を内側に寄せるよう意識しよう